ウマくやれば大成功

まったく、今の時代に「ウマくやれば大成功」なんて、そんな甘言をチラつかせたって無駄だぜ!
そう思ったひとは何人いるだろうか?私が小見出しとして付けた「ウマくやれば大成功」の文字を読んで。
確かに、この書き方は怪しい。「ウマく」なんて半端にカタカナを使っているところなどいかにもうさんくさい。だが、ここで私が述べようとしているある話について言えば、ほんとうのことだ。
ウマくやれば、大成功ができるのだ。

どういう話かというと、『投資』である。投資というのは、言葉の意味は単純だ。あるモノにお金をかけて、それによって見返りを受ける。利益を上げる。そういった種類の、お金儲けの方法だ。
お金をかける「モノ」としては、株式とかゴールドとか、あるいは国債とか、そういったものもある。不動産というのも、そのひとつだ。
不動産。そう、ここでは、特に『不動産投資』について取り上げようと思っている。これこそ、「ウマくやれば大成功」である「投資話」なのだ。

そのモデルとして、ここでは〈マンション経営〉というものを例に挙げることにした。もちろん、〈マンション経営〉というのはマンションを経営すること。
オーナーとして、マンションで利益を得るというものだ。
コレを取り上げたのは、〈マンション経営〉という方法がいちばんモデル化しやすかったからでもある。そう、不動産投資というものの光と影について。
ウマくやれば確かに大成功だが、ウマくやれなかった場合には失敗がある。そのことについて、またその乗り切り方について語るのにも、〈マンション経営〉は適しているのである。

OUT LINK

安心のマンション経営がしたいなら:ライジングトラストのマンション経営成功ガイド